1

昭和初期の琉球泡盛「宣伝ポスター」 いろいろと・・

【昭和初期の琉球泡盛「宣伝ポスター」】

泡盛のある風景〜。
石垣島の骨とう品などを置いてあるお店で知り合いがこんなポスターを見つけました。

泡盛ポスター

お店の方曰く、このポスターは昭和初期に造られたポスターだけど、着物を付けている女の人の肌が透けて見えるため、戦時中ケシカラン!と発禁なったポスターだと言っていました。
(お店の方のお話です。ほんとかどうかは不明です。)

昭和初期から、きちんと瓶に入ってラベルも貼って出荷されていたんですね。丸いラベルなんて今ではほとんど見ませんね。
昭和の時代を映しているポスターですね。

1週間前ほどに知り合いから写真をもらい、泡盛ネタに面白いなんて思っていたら、
なんとこのポスターの絵を使ったラベルの泡盛が発売される!なんてニュースが沖縄タイムスに載っていました。
なんたる偶然!

これが沖縄酒造協同組合から発売される泡盛ボトル↓
泡盛ポスター

写真と同じだ!!
ちょっと感動しました。 発売されたら記念に1本持っておかなくては。

posted by 泡盛ナビ | 泡盛のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泡盛のリサイクル瓶-泡盛のある風景-

【泡盛瓶のリサイクル 回収瓶-泡盛のある風景-】

リサイクル瓶

泡盛のある風景〜
いろいろな酒造所の泡盛が水に浸けられています。
リサイクル瓶として使用する前にラベルを剥がしやすくするために水に浸けているシーンです。

一昔前までは主流だったリサイクル瓶の活用。
瓶屋さんに持ってきてもらった瓶を水に浸け、ラベルを剥がし割れやヒビがないか1本づつチェックし、丁寧に洗浄していきます。意外と手間かかってます。

私的にはエコでいいと思うんですが、最近は新しい瓶を使う酒造所が多く、リサイクル瓶を使う酒造所はどんどん減ってきています。
1升瓶などは、たまに同じ銘柄でも色違いの瓶に入っていたりして、ちょっとラッキー感をあったりして嬉しかったのですけどね。
通常は茶瓶の泡波1升瓶。何年か前にオークションなどでも白瓶やピンク瓶、赤瓶などが出て話題にもなりましたね。
これもリサイクル瓶ならではの事情だと思います。

また最近は紙パックが売れるようになり1升瓶のリサイクル瓶が少なくなって大変だという話しも聞きます。
資源を大切にいつまでも残ってほしいリサイクル瓶の活用です。
posted by 泡盛ナビ | 泡盛のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祭事で使われる泡盛「豊年」 -泡盛のある風景-

【祭事で使われる泡盛「豊年」 -泡盛のある風景-】

豊年泡盛

石垣島の平得村では、1月に種子取祭が行われます。
今年の豊作を祈願する昔ながらの伝統行事。
(詳しい祭りの内容は >平得種子取祭

村の祭事には、泡盛は欠かせません。
豊年を祈願する祭りでは、「祈 豊年」と書かれた泡盛ボトルなどが活躍します。
(※写真は八重泉酒造の「豊年」ボトル)

地元でしか見ることのない泡盛の豊年ボトル。
今年一年の豊作を祈願して!
posted by 泡盛ナビ | 泡盛のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

直火地釜蒸留での泡盛造り〜泡盛のある風景シリーズ

【直火地釜蒸留での泡盛造り〜泡盛のある風景シリーズ】

泡盛のある風景シリーズ。

今回は、入手しずらい泡盛「宮之鶴」の蔵元として知られる仲間酒造さんから一枚。

nakamasyuzousyo.jpg

 地釜に火をともしている写真です。

火の温かみを感じる直火での泡盛造り。
この地釜があの宮之鶴の独特の風味を醸しているんですね。

蔵元内には家麹もびっしり。
宮良の酒として愛される仲間酒造の宮之鶴。
いつまでも変わらぬ味わいを〜。
posted by 泡盛ナビ | 泡盛のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泡盛の原料となる蒸したてのお米〜泡盛のある風景〜

【泡盛の原料となる蒸したてのお米〜泡盛のある風景〜】



泡盛のある風景シリーズ。

今回は手作業で泡盛造りを行う高嶺酒造さんから一枚。

蒸したお米

蒸したお米を麹棚に移すときの写真です。

蒸したお米の湯気がなんだが懐かしい。  
昔は酒造所の近くを通るとこのような光景をよく見ました。
湯気とともに漂うお米の香り。

今でも昔ながらの手造りで泡盛造りを行う高嶺酒造ならではの光景ですね。
ちなみにしゃがんで手前に映っている方が社長さんです。
posted by 泡盛ナビ | 泡盛のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手作業でのクバ巻き(与那国島)〜泡盛のある風景

【与那国島特産 手作業でのクバ巻き 〜泡盛のある風景〜】


泡盛のある風景シリーズ。
泡盛に関連した写真や酒造所の写真を紹介していきたいと思います。

今回は、与那国島の特産でもあるクバの葉で巻かれた泡盛の手作業風景。

泡盛のある風景

泡盛のある風景

泡盛のある風景

※拡大すると大きな写真で見れます。

山にあるクバの葉をとってきて、島のオジーオバーが1本づつ丁寧に手作業で瓶に巻いていきます。
丁寧に、気持ちを込めて作るクバの葉巻き。

簡単そうに見えてかなり難しいんですよ。
きちんと結べないと解れてくるし、しっかり巻くには熟練の技が必要です。

最近は、クバの葉が少なくなってきているとも聞きます。
いつまでもなくならないでほしいクバの葉巻きの泡盛。


posted by 泡盛ナビ | 泡盛のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。