1

プチ贅沢!泡盛で作るマンゴー酒の作り方レシピ

【泡盛で作るマンゴー酒の作り方レシピ】

マンゴー果実酒

泡盛で作る果実酒シリーズ!
今回は果物の女王!アップルマンゴー!いやはや贅沢ですね〜。
沖縄では7月頃にマンゴーがあちらこちらで売られています。

A級品を使うのは勿体ので、安く売られているB級品のマンゴーを買ってきて作りました。

うちなんちゅらしく泡盛を使って果実酒造り〜。
泡盛で作るマンゴー酒の作り方レシピを紹介!

<泡盛で作る「マンゴー酒 果実酒」>材料

密封できる瓶
アップルマンゴー:1玉(約4〜500g) 
泡盛30度:900ml ※30度以上 自分の好きな銘柄がいいです。
氷砂糖:150g


<「マンゴー酒 果実酒」作り方>

1)泡盛・氷砂糖・瓶などの材料を用意します。瓶はきれいに洗います。

マンゴー酒作り方の材料


2)アップルマンゴ−をカットします。

mangosyu2.jpg

マンゴーは真ん中に種があるので3等分して切ります。
マンゴーの詳しい切り方はこちらで見れます。 >アップルマンゴーの切り方動画

3)マンゴーの皮をむきます。
  
manogo.jpg

皮は向かなくてもいいのですが、B級品だと皮の汚れなどが気になったので、私は向いて漬けました。

4)瓶の中にマンゴー、氷砂糖、泡盛を入れます。
mangosyu4.jpg
 
 マンゴー、氷砂糖の順に入れて、最後に泡盛を注ぎます。

5)あとは密閉して3か月ほど寝かせたら美味しいマンゴー酒の出来上がり〜。
マンゴー果実酒

3ヵ月後が楽しみです。
毎年、一年に一回マンゴー酒を漬けて楽しんでます。
ちょっとしたプチ贅沢!

今回利用した泡盛は請福酒造さんの直火請福〜。
通常はホワイトリカーの35度を使いますが、沖縄では30度使って作る人が一般的です。

一応、果実酒用の泡盛なども売ってはいます。35度の泡盛も。
でもわざわざそれを買ってまでは・・なんで、いつも家に余っている泡盛を使って作ってます。 

44度の泡盛で仕込むと25度ぐらい、30度の泡盛で仕込むと13度ぐらいの果実酒になるそうですよ。
※新里酒造さんのブログに載っていました。 >新里酒造さんブログ

沖縄のアップルマンゴ−と泡盛で作る贅沢な味わいの「マンゴー酒」ぜひ作ってみてください。
以上、マンゴー酒の紹介でした。


拡大してみたい方は >マンゴー酒の作り方・レシピ動画
posted by 泡盛ナビ | 泡盛で作る果実酒・薬酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泡盛で作る「桑の実 果実酒」レシピ

泡盛で作る「桑の実 果実酒」レシピ



kuwa.jpg


泡盛で作る果実酒レシピ〜。
桑の実編です。

沖縄ではナンデシーやナネーズと呼ばれている桑の木。
小さいぶどうのような実の「桑の実」は、甘くておいしい〜。
昔はよく木に登ってこの桑の実を食べていました。

ジャムなどにすると美味しい桑の実。果実酒にしても美味しいんですよ。

通常はホワイトリカーなどで果実酒を造りますが、泡盛でも美味しく果実酒はできます!

泡盛を使って「桑の実酒」を作ってみました!

泡盛3合瓶を使ったプチ果実酒作り〜。

使った材料はこちら

<泡盛で作る「桑の実 果実酒」>材料

密封できる瓶
泡盛(宮之鶴):600ml (30度以上 自分の好きな銘柄がいいです。)
桑の実:150〜250g
氷砂糖:50〜80g


<「桑の実 果実酒」作り方>

1)瓶と桑の実をきれいに洗います。

桑の実酒

2)瓶の中に「桑の実」を入れます。
kuwasyu1.jpg

3)氷砂糖を入れます。
kuwasyu2.jpg

4)最後に泡盛を注ぎます。
 kuwasyu3.jpg

5)あとは密閉して2〜3か月待ちます。
  樽酒のようなきれいな色がでますよ

 3ヶ月寝かせた桑の実酒がこちら↓ ↓

 kuwa1.jpg

  甘くておいしい桑の実酒のできあがり!



桑の実があまいので、果実酒も結構甘くなりました。
氷砂糖控えめでもいいかもですね。

以上、桑の実を使った泡盛果実酒作りの紹介でした〜。

posted by 泡盛ナビ | 泡盛で作る果実酒・薬酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする