1

独特の風味!池原酒造「赤馬25度」銘柄紹介

【池原酒造「泡盛 赤馬25度」銘柄紹介】

赤馬

石垣島には赤馬の民話があり、その民話にちなんだ銅像や「赤馬節」の島唄などがあります。
その島唄から命名された泡盛が池原酒造の「赤馬」。

赤馬節は赤馬の素晴らしさを讃えためでたい時に歌うで
泡盛ボトルの赤馬も、そのめでたさ表した赤丸が描かれたラベルになっています。

ちなみに読み方は「あかうま」ではなく「あかんま」と読みます。

池原酒造の泡盛といえば独特の強い風味。
泡盛一の癖を持つと言われています。
(最近は随分飲みやすくなったように感じるな〜。)

25度タイプの赤馬ですが、こちらも独特の泥臭さなど強い風味を醸し出しています。
創業当時からの地釜蒸留で手作りで丁寧に泡盛を造る。
その昔ながらの製法がこのような味わいにつながっていると言います。

この風味に慣れてしまうと、不思議と他の泡盛の味では物足りなくなってしまうんですよね。
それだけに癖になる泡盛です。

昔は瓶も特徴的でいた。

赤馬 角瓶

角瓶タイプ(4合瓶のみ)の瓶に入れられていて親しみやすかったんですが、今は角瓶の泡盛は見ることなくなってしまったな〜。

成れると癖になってしまう泡盛「赤馬」
石垣島の島唄「赤馬節」を聞きながら一杯いかがですか〜。

▼池原 赤馬(あかんま)25度 泡盛銘柄情報▼
 池原酒造  アルコール度数25度 新酒
 原料:米こうじ(タイ産米)  
 720mlJANコード:4582158880056
 1800mlJANコード:4582158880032
posted by 泡盛ナビ | 池原酒造の泡盛情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池原酒造「白百合30度」銘柄紹介

【池原酒造「池原 白百合30度」泡盛銘柄紹介】

白百合30度(泡盛)

ピックアップ泡盛!
今回の紹介銘柄は、泡盛一の癖を持つという石垣島の蔵元 池原酒造の「白百合30度」。

白百合の味を例えるのによく使われるのが、泥臭さ、土臭さ、昔の泡盛などとよく表現されます。
まさにその通り!なにも知らずに初めて飲む人はその味わいに驚く人が多いですね。

昔の泡盛は、まさにそのような泡盛が多くありました。
でも洋酒などのブームがあり、癖の強い泡盛を飲む人がどんどん減っていきました。
その中で登場したのが減圧などの飲みやすい泡盛。

それからは飲みやすい泡盛志向が強くなり、強い風味を持つ泡盛が淘汰されることに・・・。
(最近はまた強い風味の泡盛が人気ですけどね・・・。)

そんな時代の流れに流されることなく、一筋に創業当時からの味を守り続けているのが池原酒造の「白百合」なんです。
味を守り続けているというよりも、製法を守り続けていると言った方が正しいですね。
この味を出すために造っているのではなく、昔の道具を修繕しながら使い、創業当時から造りつづけている製法で泡盛造りを行う。
それが、白百合(白百合)の味を醸し出しているんだそうです。
いぜん酒造所に伺った際に、杜氏の方が話してくれました。

ラベルにはテッポウユリが描かれています。
石垣島でうりずんの季節に咲く花「テッポウユリ」)。
創業当時は、池原酒造所のあたり一面にテッポウユリが咲いていたそうです。
そのテッポウユリが「白百合」という銘柄の由来にもなっているそうですよ。

好き嫌いがはっきりと分かれる泡盛ですが、好きになってしまうと大変!
この白百合以外の泡盛の味では物足りなくなってしまうから不思議です。

昔ながらの地釜を使い、手間暇かけた手造りでの泡盛造り。
家族だけで製造を行う小さい酒造所ながら、全国にファンを持つ「白百合」です。
オンリーワンの味わいですね。

泡盛一の独特の味「白百合」。
その味わいを試してみてはいかがでしょう〜。


▼池原 白百合30度1升瓶(1800ml) 泡盛銘柄情報▼
 池原酒造  アルコール度数30度  原料:米こうじ(タイ産米)
 新酒   JANコード:4582158880124  

▼池原 白百合30度4合瓶(720ml) 泡盛銘柄情報▼
 池原酒造  アルコール度数30度  原料:米こうじ(タイ産米)
 新酒   JANコード:4582158880704

▼池原 白百合30度3合瓶(600ml) 泡盛銘柄情報▼
 池原酒造  アルコール度数30度  原料:米こうじ(タイ産米)
 新酒   JANコード:4582158880018

▼池原 白百合30度2合瓶(360ml) 泡盛銘柄情報▼
 池原酒造  アルコール度数30度  原料:米こうじ(タイ産米)
 新酒   JANコード:4582158880360


泡盛屋では
「池原 白百合30度」詳細

アマゾン店では
白百合30度@南西酒販


f.jpg
この泡盛飲んだことあるさ〜(FaceBookで紹介)

posted by 泡盛ナビ | 池原酒造の泡盛情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする