1

金武酒造「龍(たつ)古酒43度」銘柄紹介


【金武酒造「龍 古酒43度」泡煮る銘柄紹介】

金武酒造 龍 古酒43度

ピックアップ泡盛コーナ−!
今回は金武酒造の「龍 古酒43度」を紹介です。

金武酒造の泡盛の特徴は、日本の名水百選にも選ばれた金武大川水系の水で仕込みを行い、
鍾乳洞で古酒を熟成させる。
金武町には、地下30メートルの鍾乳洞があります。
1988年にその鍾乳洞を使い、自然環境を活用した日本初の古酒蔵としてオープンしたのが、金武酒造の鍾乳洞の古酒蔵です。
鍾乳洞の室温は一定気温の18度。 泡盛の熟成には最適な環境です。

またこの地は龍神信仰の発祥地としても有名です。古くから琉球の人々が龍神の神へ祈りをささげた場所。
その鍾乳洞でじっくりと熟成させたのがこの「金武 龍 古酒43度」。
深い熟成感と濃厚な旨み。 ふんわりとした飲み心地を楽しめるクースです。

ラベルもカッコイイですね。
龍の絵柄はさることながら、ラベルに書かれている「龍」の金文字、これもこだわっているんですよ。
ただのプリントではありません。 ちゃんと龍の文字の部分だけ凹凸にになっています。(4合瓶)
キャップの頭にも「龍」の文字が書かれていたりりして、味も外見もこだわりを感じます。

泡盛の最適な環境「鍾乳洞」で育った金武酒造のクースを味わいをぜひお楽しみください。

▼「金武 龍 古酒43度」泡盛銘柄情報▼
 金武酒造  アルコール度数43度  古酒
 原料:米こうじ(タイ産米)
 4合瓶:JANコード:4995142100182
 1升瓶:JANコード:4995142100175


泡盛屋はこちら
≫「金武 龍 古酒43度」詳細
posted by 泡盛ナビ | 金武酒造の泡盛情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金武酒造の年代物古酒!「龍 1988年製造鍾乳洞古酒40度」

【金武酒造「龍1988年製造鍾乳洞古酒」泡盛銘柄紹介】

龍1988年製造古酒40度

1988年に製造の金武酒造の年代物古酒「龍1988年製造鍾乳洞古酒」
金武鍾乳洞の平均気温18度という泡盛を熟成させる貯蔵庫としては最適な場所でじっくりと育てた鍾乳洞貯蔵古酒。
古酒の華やかで芳醇な香りと、まろやかな深みのある味わいの1988年製造100%古酒です。

1988年シリーズとして、度数違いで30度、35度、40度の3種類販売されています
こちらは40度の龍1988。

鍾乳洞でじっくりと育ったクースの美味さ楽しみたい泡盛ですね。
posted by 泡盛ナビ | 金武酒造の泡盛情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金武酒造「龍 2010年泡盛鑑評会優等賞受賞酒43度500ml」銘柄紹介

【金武酒造「龍 2010年泡盛鑑評会優等賞受賞酒43度500ml」泡盛銘柄紹介】

龍 2910年泡盛鑑評会優等賞

1989年製造の古酒を75%、2004年製造の古酒を25%ブレンドした金武酒造の泡盛「龍 古酒43度」。
2010年(平成22年)の泡盛鑑評会にて優等賞を受賞した受賞酒です!

鍾乳洞貯蔵で古酒を熟成させる金武酒造のクースはファンが多い。
じっくりと古酒の旨みを楽しめる逸品です!
金武酒造の限定品をぜひお楽しみください。

▼金武酒造「龍 2010年泡盛鑑評会優等賞受賞酒43度500ml」泡盛銘柄情報▼
 金武酒造  アルコール度数43度  古酒   限定品
 原料:米こうじ(タイ産米)  JANコード:4995142100304

※2013年7月販売終了
posted by 泡盛ナビ | 金武酒造の泡盛情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄生まれ!全国初!田芋焼酎「金の誉」金武酒造

【金武酒造「田芋焼酎 金の誉」銘柄紹介】

田芋焼酎 金の誉

沖縄生まれ!全国初!沖縄金武町特産のターンム(田芋)を使った田芋焼酎「金の誉」が、金武酒造から新発売。

沖縄ではターンム(田芋)は、お祝い事などには欠かせない縁起の良い食材。
子孫繁栄の食材とも言われています。

ターンム(田芋)と米麹(タイ産米)を混ぜ発酵させ、黒麹で仕込んだ新しい味わいの焼酎。
田芋のまろやかな風味と程よい甘みを楽しめます。

沖縄生まれの新しいお酒をぜひお試しください。

500mlサイズとお試し1合瓶が発売です。

≫「田芋焼酎 金の誉30度500ml」詳細

≫「田芋焼酎 金の誉30度お試し1合瓶」詳細

posted by 泡盛ナビ | 金武酒造の泡盛情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。