1

北谷の酒!「泡盛 北谷長老30度」北谷長老酒造



【北谷長老酒造「泡盛 北谷長老30度」銘柄紹介】

北谷長老30度

ピックアップ泡盛!
今回は、120年以上の歴史をもつ北谷長老酒造の酒「北谷長老30度」を紹介です。

泡盛北谷長老といえば口コミで噂が広まったという話しをよく聞きますね。
北谷長老酒造の泡盛は、昔は北谷町でほとんどが消費されていました。
生産量が少ないため、あまり他の地域で飲まれることがなく、北谷町でこのお酒を飲んだ方々が美味しさを口コミで広め、今では全国区の人気泡盛になりました。

ちなみに以前は酒造所名が「玉那覇酒造工場」という名前でしたが、2006年から北谷長老酒造に名前が変わっています。
(石垣島にも玉那覇酒造という名の酒造所があり、どちらも歴史ある蔵元なの、同じ酒造所と間違われることが多かったんですよね。)

北谷長老という名のついた銘柄は昔は古酒だけが販売されていましたが、2003年頃?からかな一般酒の北谷長老も販売されるようになりました。

一般酒の北谷長老もかなり仕上がりがいいです!
香りがいいですね。香り高くほんのりした古酒香も楽しめる。
味わいも軽快ながらしっかりとした旨味があり。
私にはしっくりとくる飲み口の泡盛です。

ラベルには、沖縄県出身者最初の名僧として有名な臨済宗妙心寺派の僧侶「南陽紹弘禅」が描かれています。
(その方の愛称が「北谷長老」これが銘柄の由来になっています。)
紫色を基調とした上品なラベル!

見た目からも美味しそうに感じてしまう北谷長老30度の紹介でした。


▼北谷長老酒造「泡盛 北谷長老30度」銘柄情報▼
 北谷長老酒造  アルコール度数30度  新酒(泡盛)
 原料:米こうじ(タイ産米)
 1升瓶JANコード:4532210000076
 4合瓶JANコード:4532210000144 
posted by 泡盛ナビ | 北谷長老酒造の泡盛情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北谷長老酒造の仕次44度1升瓶

【北谷長老酒造の仕次ぎ44度1升瓶】

北谷長老 仕次ぎ44度

酒造所限定で販売されていた北谷長老酒造の仕次ぎ44度が一般販売となりました。

常圧蒸留の若酒の力強い香りと旨み。
新酒ならではのピリッとした辛目の味わいです。

古酒づくり用泡盛としてオススメな「北谷長老 仕次ぎ44度」です。
「北谷長老 仕次ぎ44度1升瓶」詳細
posted by 泡盛ナビ | 北谷長老酒造の泡盛情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「北谷長老 30度4合瓶」

【泡盛更新情報】

北谷長老

北谷長老酒造の「北谷長老30度」新酒を新たに取り扱い始めました。
上品な香りとキレの良い味わい。
口コミで美味しさが広がった、通好みの飲み応えのある泡盛です。

≫「北谷長老30度4合瓶」詳細
posted by 泡盛ナビ | 北谷長老酒造の泡盛情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする